男性と比べて女性は体がむくみやすい

男性と女性では明らかに女性の方が浮腫みやすい体質にあります。その違いの一つが筋肉量の違いです。そして女性ホルモンのバランスも大きく関係しています。例えば生理の1週間前から生理中にかけてはホルモンの影響によって血管が広がりやすいのが女性の体です。

血管が広がると尿の量が減ります。
そして普段の日常よりも体に水分が溜め込まれてしまう傾向が強くなります。

水分が体に溜まると体は冷えます。冷えると巡りが悪くなるので余分な水分が溢れて浮腫み症状として表面的に現れてきます。

そして女性は皮下脂肪が男性に比べても多いです。皮下脂肪が多いと冷えやすく血行不良も起きやすいです。このような影響も女性が男性に比べても浮腫みやすい体質であることがわかります。

他の理由としては、女性は低血圧が多いです。そして男性よりも皮膚が薄く柔らかい。こうなると皮下組織にかかる圧力も低い上に水分を静脈に戻しにくくなるなどのマイナス要因が重なって浮腫みを起こります。

妊娠時はより浮腫みやすい体質へ

子供を授かり妊娠に入ると女性はより浮腫み体質が悪化します。これは女性ホルモンも強く影響をしており、ナトリウムや水を体内に貯めやすい体になってしまいます。

お腹の赤ちゃんの成長もあり、物理的に脚の静脈を圧迫します。妊娠すると体重も増えますよね。この体重増加も血液や水分の圧迫を促進しています。

すると脚の血液が心臓まで戻りくくなってしまうため浮腫み脚が生まれてきます。

あと妊娠時は急激にお腹が膨らみます。すると皮膚はその膨らみに耐え切れなくなり肉割れ、妊娠線などができてしまいます。特に妊娠時はまともな運動もできないので体と皮膚は固くなりがち。赤ちゃんに栄養も摂られて肌が乾燥していきます。

このような妊娠時のお腹のトラブルを防ぐためには保湿を重視することが大切です。

保湿することで皮膚が柔らかくなり、お腹が膨らんでも柔軟な対応を見せて肉割れ予防に繋がります。今では専用の妊娠時でも安心して使えるボディクリームが多く販売されています。一定期間の利用で十分なので肉割れ、妊娠線を予防するためにもこの時期は品質の良いボディクリームを使うと後々、後悔しない体を作ることができます。

MENU

Copyright (C) 女帝の美脚になれる情報ブログ All Rights Reserved.