デスクの上に足をのせて浮腫みを治す

脚に浮腫みが起こりやすい原因の一つに立っている状態が長いことが挙げられます。その理由としては立っていると脚と心臓の位置が遠くなるから。脚の血液には重力がかかった状態になっているのでうっ血しやすい状態となっています。

椅子に座っている時も同様で立ち状態ほどではありませんが、重力が脚の血液に大きくかかり脚が浮腫みやすい状態となります。なので浮腫み予防としてはできるだけこの重力の影響を最小限に抑えることが良いです。

例えば手の甲の血管は手をあげると浮き出てきます。頭の上に挙げると血管は目立たなくなります。上に上げることによって手の血液が心臓へと戻っていくからです。そこで脚のうっ血を最小限に抑えて、浮腫み予防や対策をする方法としては脚を心臓の位置より高く上げることになります。

美容師や調理師のように立ち仕事をしている時間が長い人、OLは椅子に座っている時間が長いですが、可能なら1時間に1回くらいは仰向けになり脚を高くして巡りを良くしてあげると良いです。もし横になる場所がなければ行儀は悪くなってしまいますが、デスクの上に脚を乗せてリラックスしながら休むと良いでしょう。

またデスクの脚のせができない場合、椅子をもう一つ用意して片方にはクッションなどをおいて水平よりも少し脚を高くできる位置にもってこれるような工夫をしてあげるのも良し。これを行うだけでも浮腫みには目に見える実感を期待することができます。

浮腫み解消方法は自分に合った方法を探すのが一番

浮腫みの予防方法としてはむくみやすい生活を改善することが大切です。ですが、それでも気が付くと脚が浮腫みを起こしている場合もあります。そんなときこそ意識を高めてより浮腫み予防、対策に力を入れることが大事。

常に日頃の生活過程の中で解消方法を取り入れるようにすると翌日まで浮腫み症状を持ち越さないようにすることができます。

具体的な予防や対策としては適切な運動、脚のマッサージや弾性ストッキングの活用などがあります。

自分の浮腫み症状や生活に合わせてグッズを活用すると良いです。浮腫みは人によって起こる原因が様々なので万人に対応する解消方法というのはありません。ライフスタイルだって違いますからね。仕事以外の時間で脚のケアができない方は上記に挙げたようなデスクを利用した解消方法もオススメです。

まずは自分自身の脚を観察して最適な予防、解消方法を導き出してみましょう。

MENU

Copyright (C) 女帝の美脚になれる情報ブログ All Rights Reserved.